John Scofield / ジョン・スコフィールド - 100JazzGuitar.com

John Scofield / ジョン・スコフィールド
Biography

ジョン・スコフィールド(John Scofield、1951年12月26日 – )はアメリカ合衆国の音楽家、ギタリストである。

ジャズ、フュージョン系のミュージシャンとして、セッションやソロで活動。

John Scofield (born December 26, 1951 in Dayton, Ohio), often referred to as “Sco,” is an American jazz guitarist and composer, who has played and collaborated with Miles Davis, Joe Henderson, Charles Mingus, Joey Defrancesco, Herbie Hancock, Pat Metheny, Bill Frisell, Pat Martino, Mavis Staples, Phil Lesh, Billy Cobham, Medeski Martin & Wood, George Duke, Jaco Pastorius, John Mayer, and many other well known artists. At ease in the bebop idiom, Scofield is also well versed in jazz fusion, funk, blues, soul, and other forms of modern American music.

John Scofield / ジョン・スコフィールドのビデオ

MILES DAVIS & JOHN SCOFIELD

JOHN MAYER & JOHN SCOFIELD “I DON’T NEED NO DOCTOR”

JOHN SCOFIELD – WHAT’D I SAY

PAT MARTINO & JOHN SCOFIELD – “SUNNY”

John Scofield / ジョン・スコフィールドの代表的なアルバム

Loud Jazz / ラウド・ジャズ(1987)

Meant to Be (1990)

A Night at the Vanguard (1993)

Midnight Blue / ミッドナイト・ブルー(2001)

John Scofield / ジョン・スコフィールドの生い立ちと活動

1951年 – オハイオ州デイトンに生まれる。
1974年 – バークリー音楽院卒業。プロとして演奏活動を始める。
ビリー・コブハムとジョージ・デュークのバンドに参加。1976年 – パット・メセニーに替わってゲイリー・バートン・カルテットに加わり、レコーディング・アーティストとして日野皓正のアルバム『May Dance』に参加した縁で、1977年に日本で日野兄弟と録音した初のリーダー名義作品をトリオ・レコードから、また同年にエンヤ・レコードと契約してライヴ・アルバム作品をリリースしている。
この時期にチャールズ・ミンガスやディヴ・リーブマンのカルテットなどでキャリアを積み、ジョン・スコフィールド・トリオ名義などで、スティーヴ・スワロウとのコラボレーション作品を残している。1982年 – この年の末にマイルス・デイヴィス・グループに加入。アルバム『スター・ピープル』(1983年)『デコイ』(1984年)『ユア・アンダー・アレスト』(1985年)に参加、デイヴィスのグループのメンバーとしてツアーに1985年の夏まで同行する。

1984年 – グラマヴィジョン・レコードと契約
1986年 – ベーシストのゲイリー・グレィンガーとドラマーのデニス・チェンバースとともに自身のグループをスタートする。
グラマヴィション時代のデニス・チェンバースとのユニットでは「Still Warm」, 「Picks and Pans」, 「Blue Matter」, 「Trim」, 「Loud Jazz」等白熱した演奏を聴くことができる。
自由な社風のグラマヴィジョンには1988年まで在籍し、最終作はニューオーリンズのドラマー、ジョニー・ヴィダコヴィチとミーターズ等の曲を演奏している。1989年 – ブルーノート・レコードに移籍
1995年 – ハービー・ハンコックの『ニュー・スタンダード・バンド』に参加

1996年 – ヴァーヴ・レコードに移籍
グルーヴのある音楽を求めて1999年、メデスキ、マーティン・アンド・ウッドの協力を得て「A Go Go」を発表。踊る音楽のあるジャム・バンド・シーンに自らの演奏を展開してスコフィールド・バンドを結成、ギタリストのアヴィ・ボートニックやドラムのアダム・ダイチなどを起用する。更に2005年にグレイトフル・デッドのフィル・レッシュのバンド、フィル・アンド・フレンズに参加、グレイトフル・デッドの音楽を演奏する。2006年にメデスキ、スコフィールド、マーティン・アンド・ウッド名義で即興演奏が中心のライヴを展開する。
2009年、ニューオーリンズ録音のアルバム「パイエティ・ストリート」発表。ジョン・クリアリー、ジョージ・ポーターJr.、ジョン・ブッテらが参加し、ゴスペル色の強いサウンドを展開している。