Joe Pass / ジョー・パス - 100JazzGuitar.com

Joe Pass / ジョー・パス
Biography

ジョー・パス(Joe Pass 1929年1月13日 – 1994年5月23日)は、アメリカ合衆国のジャズミュージシャン、ギタリスト。我流ではあるが、卓越した超絶技巧を誇り後進のギタリストに多大な影響を与えている。オスカー・ピーターソンやエラ・フィッツジェラルドといった大御所との録音も多い。

Joe Pass / ジョー・パスのビデオ

JOE PASS & ELLA FITZGERALD – DUETS IN HANNOVER 1975

“SATIN DOLL” JOE PASS

JOE PASS – ALL THE THINGS YOU ARE

The Genious of Joe Pass(DVD)

Joe Pass / ジョー・パスの代表的なアルバム

Sounds of Synanon / サウンズ・オブ・シナノン

For Django / フォー・ジャンゴ

Virtuoso / バーチュオーゾ

Joe Pass / ジョー・パスの生い立ちと活動

ニュージャージー州生まれ。9歳でギターを始め、14歳でバンド活動を開始。

その後麻薬中毒で苦しむが、シナノンという更生施設に入って立ち直り、1962年にアルバム『サウンド・オブ・シナノン』発表。1965年にはジャンゴ・ラインハルトに捧げたアルバム『フォー・ジャンゴ』を制作し、話題となる。1973年発表のアルバム『ヴァーチュオーゾ』は、ギター一本だけで制作され、ジャズにおけるソロ・ギターの可能性を追究した作品として高く評価された。1994年、肝臓癌で他界。