Django Reinhardt / ジャンゴ・ラインハルト - 100JazzGuitar.com

Django Reinhardt / ジャンゴ・ラインハルト
Biography

ジャンゴ・ラインハルト(Django Reinhardt, 1910年1月23日 – 1953年5月16日)は、ベルギー生まれのジャズ・ミュージシャン、ギタリスト。

ロマ音楽とスウィング・ジャズを融合させたジプシー・スウィング(マヌーシュ・スウィング)の創始者として知られる。また、しばしば「ヨーロッパ初の偉大なジャズ・ミュージシャン」とも評される。短い生涯の中で後世のミュージシャンに多大な影響を与える多くの傑作を発表した。

   Django Reinhardt / amazon store

Django Reinhardt / ジャンゴ・ラインハルトのビデオ

  ・Django Reinhardt – Nuages

  ・Django Reinhardt – Minor Swing

  ・Django Reinhardt – Honeysuckle Rose

Django Reinhardt / ジャンゴ・ラインハルトのアルバム

  ・Django Reinhardt et Ses Rythmes

  ・The Great Artistry of Django Reinhardt

  ・Djangology : ジャンゴロジー

  ・101 Essential Django Reinhardt Classics

Django Reinhardt / ジャンゴ・ラインハルトの生い立ちと活動

幼少の頃から家族と共にヨーロッパ各地を旅して過ごし、ギターやヴァイオリンの演奏を身につけて育った。1920年からは、主にフランス・パリ周辺で生活するようになる。

10代前半よりパリのダンスホールで音楽活動を始める。この頃は主にバンジョーを弾いていた。ジャンゴ自身によると、1926年に行った歌手の伴奏が初のレコーディングということである。1926年にビリー・アーノルドのバンドの演奏を聴いて、ジャンゴはジャズに傾倒するようになった。

1928年になると、ジャンゴはフランス・グラモフォンやIdeal等のレーベルでレコーディングを行うようになる。しかし、この年の10月26日未明、ジャンゴはキャラバンの火事を消そうとして、半身に大やけどを負う。その結果、彼の右足は麻痺し、左手の薬指と小指には障害が残った。彼を診察した医師がギターの演奏は二度と無理だと思うほどの怪我であったが、ジャンゴは練習によって独自の奏法を確立し、ハンディキャップを克服した。

1931年、後に盟友となるフランス人ヴァイオリニスト、ステファン・グラッペリと出会う。1934年にはグラッペリらと共に、弦楽器のみで構成されるバンド、フランス・ホット・クラブ五重奏団を結成。1935年には、フランスを訪れていたコールマン・ホーキンスと共演。同年の夏から、ジャンゴのトレード・マークとして知られるセルマー・ギターを使い始める。

1937年、CBSのラジオ番組『サタデイ・ナイト・スウィング・クラブ』を通じて、フランス・ホット・クラブ五重奏団の演奏がイギリスやアメリカでも放送された。「ジャンゴロジー」を、ジャンゴはステファンと共作した。1940年12月13日に録音された自作曲「Nuages ヌアージュ」は、10万枚以上を売り上げる大ヒット曲となる。

1946年1月、ジャンゴはイギリスに渡り、再びステファン・グラッペリと共演する。同年、ジャンゴはデューク・エリントンに招かれて、初のアメリカ・ツアーを行った。

1949年初頭、盟友ステファン・グラッペリと共にローマに渡り、現地のミュージシャンと共にクラブで演奏。この時の録音は、1961年に『ジャンゴロジー』というLPにまとめられた。同作は、録音状態は悪いながらもジャンゴとステファンの作品の中でも特によく知られた一枚とされている.

1953年3月、ジャンゴはディジー・ガレスピーのブリュッセル公演にゲスト参加した。
フランスへ戻った翌日の5月16日、ジャンゴは友人の経営する店で突然倒れ、その日の夕方には死去。死因は脳出血とされた。